ニッポン視察団で紹介された『豆腐ちくわ』とは?

2018年5月19日(土)18:56~20:54 テレビ朝日『世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団』

で『豆腐ちくわ』が紹介されました!! f:id:roririp:20180517070626p:plain 以前、アメトーク!のちくわ大好き芸人でも紹介されたり、豆腐ちくわの認知度が少しずつ高まっていることを実感できて嬉しいです。

今回は番組を観たのがきっかけで豆腐ちくわについて調べて下さった方のために、「豆腐ちくわって何?」という疑問にお答えします。

こちらから全国通販もおこなっているので食べてみたい方はぜひご利用ください▼

hb.afl.rakuten.co.jp

人気なので売り切れにはご注意ください。

それでは、さっそく豆腐ちくわについてご紹介します。

「豆腐ちくわって何?」 f:id:roririp:20180325111056j:plain 豆腐ちくわは江戸時代から続く長い長い歴史をもった、鳥取限定の特産品です。

豆腐と、ちくわの原料である魚のすり身を7:3で混ぜ合わせた不思議な食感のちくわです。豆腐の食感に近く、ホロッとした柔らかい絶妙な食感です。

豆腐ちくわが鳥取でしか作られていない理由は、鳥取県に有名な湧き水スポットがたくさんあることと関係しています。 f:id:roririp:20180323135427j:plain 例えば「天の真名井」や「布勢の清水」、「宇野地蔵ダキ」、「地蔵滝の泉」などなど。透き通った綺麗で美味しい水が鳥取にはたくさんあります。

豆腐ちくわの繊細な美味しさの秘訣は、清らかで美味しい水を、大豆の栽培や豆腐の水切りに惜しみなく使えるからです。

綺麗で美味しい水で作られた豆腐ちくわは、新鮮で素材の味が生かされ美味しくなります。

自然の水を豊富に使えるので、鳥取は豆腐ちくわを作るのにピッタリな環境なんです。 f:id:roririp:20180513211127j:plain さらに、豆腐ちくわの食感にもこだわりがあります。

豆腐ちくわは、豆腐と魚のすり身7:3の絶妙なバランスで混ぜ合わせられています。割合や混ぜ方が変わってしまうと、食感が違うものになってしまいます。

混ぜ合わせる作業も難しく、鳥取の専用工場でしか作られていないのです。

以上2点から、豆腐ちくわは鳥取限定でしか食べられない特産品となっているわけです。 f:id:roririp:20180324184534j:plain ひと口かじると分かりますが、柔らかな食感がクセになります。私はシンプルにわさび醤油で食べるのが好きで、よくわさび醤油につけてかじっています。

お酒のアテにもオススメで、日本酒との相性もバツグンです。

本当は鳥取でしか手に入りませんがこちらから、簡単におとりよせできるのでご利用くださいませ▼

hb.afl.rakuten.co.jp

アメトーク!やニッポン視察団で紹介されるだけあって、よく売り切れています。

好きな味が売り切れていることもありますが、種類が豊富なので、他にもお気に入りの味を見つけられると思います。

オススメは送料無料のお試しセットか、色々なちくわのまとめ買いです。どれだけ買っても送料は同じなので、なるべくまとめ買いした方がお得に買えます。

もし、買い方が分からない方は、私がいつもやっている注文の仕方をご参考くださいね▼

touhu-tikuwa.hatenablog.com