鳥取の名物『魔法のちくわ』とは?

鳥取県の名物といえば、コレなしじゃ鳥取県民を語れない、魔法のちくわがあるのはご存知ですか? f:id:roririp:20180325110933p:plain それがこちらの、豆腐ちくわです▼

【楽天市場】とうふちくわの里 ちむら:保存料無添加の安全な食材をお届け!とうふちくわの里 ちむら

鳥取県民なら1度は食べたことある、知る人ぞ知る魔法のちくわです。

普通のちくわと違うところは、フワッとした繊細な食感です。

ワサビ醤油に付けて、カプっとかじりつくのが最高。お酒にも合いますし、鳥取名物にかかせないちくわです。

普通ちくわは魚のすり身を材料に作られますが、豆腐ちくわは豆腐と魚のすり身を7:3の絶妙なバランスで混ぜ合わせられて作られます。

鳥取県の名物になっている理由は2つ。豆腐と魚のすり身を混ぜ合わせる技術が難しいことと、豆腐の水切りに必須な綺麗な水が鳥取県にはたくさんあることです。

鳥取県の綺麗な水で作られた繊細な味の豆腐と、魚のすり身の絶妙な混ぜ具合がフワッとした魔法の食感を生み出しています。

鳥取県に有名な湧き水スポットがあるのは、知っている方も多いでしょう。 f:id:roririp:20180323135427j:plain 『布施の清水』『お地蔵さんの水』『中居の清水』『洗足の湧水』『津野の清水』などなど...。まだまだ挙げきれないほど、たくさんの湧き水スポットが鳥取県にはあります。

美味しい豆腐を作るには水が命。なので、美味しくて綺麗な湧き水がたくさん使える鳥取県だからこそ、繊細で美味しい豆腐ちくわを作るのにむいているのです。

さらに、その豆腐と魚のすり身を混ぜ合わせるバランスがとても重要です。7:3の割合が少しでも変わってしまうと、食感が変わってしまいます。

混ぜ合わせ具合が難しいので、鳥取の専用の工場で作られているんですね。

美味しい豆腐ちくわを作るのに好条件な鳥取ならではの名物というわけです。 f:id:roririp:20180325111056j:plain 豆腐ちくわを食べるなら、『豆腐ちくわの里ちむら』がオススメです。江戸時代から続く老舗で、豆腐ちくわの味や食感に対するこだわりが人気の理由です。

通販もおこなっているので、こちらからご注文できます。(種類は豊富ですが、豆腐ちくわはアメトークでも紹介されるほどの人気なので売り切れもあるのでご注意ください)▼

touhu-tikuwa.hatenablog.com

公式サイトはこちら▼

hb.afl.rakuten.co.jp